モビットの利用を考えてみる段階の注意点

有名な消費者金融はいくつかありますが、中でも少し変わったサービスで注目を集めているのがモビットです。モビットは貸金業法の範囲内での貸付とはなりますが、どちらかと言えば銀行の近いサービスとなっているために消費者金融と銀行の中間といったイメージがあります。

 

総量規制の関係で貸金業者となるモビットでは銀行と異なり年収の3分の1までしか借りられませんが、借りられる範囲内なら他の消費者金融よりもまとまった金額が借りられる可能性があるとされています。

 

とは言え、特に理由もなくいきなりまとまった金額を借りられるわけではなく、例えばおまとめローンとして複数の借り入れをモビットに一本化する場合などに、それなりの金額での融資をしてくれるといった可能性です。

 

他の消費者金融でも貸金業法に基づくおまとめ、借り換えローンとして大きな金額での貸付は可能としていますが、実際に融資がされているかは何とも言えません。あくまで貸し付けられるとしているだけで審査の結果で貸せるかどうかは別で、やはり少額融資に留まる場合が多い消費者金融ではまとまった金額は借りづらいです。

 

その点、消費者金融と銀行の中間といったイメージのモビットなら、おまとめローンとしてのまとまった金額の利用も可能となります。おまとめローン利用となると難しい部分もあるかもしれませんが、急ぎで借りたい方であってもモビットの即日融資も可能としているので早い手続きも魅力です。